今すぐ登録してTOKUIの特別割引をゲット

電解水とは何ですか?

電解水とは何ですか?
電解水
電解水は水を電気分解して生成される水です。
電解水は通常、塩(例えば、塩素ガスを生成する食塩ではなく、硫酸ナトリウム)を含む水を電気分解して生成されます。電気分解後、水自体は中性であり、他のイオンを追加したり、半透膜で分離して2種類の水を生成することができます。1つはアルカリイオン水で、もう1つは酸性イオン水です。水中の電解質として塩化ナトリウムを含む電解水は、電気分解後に水酸化ナトリウム、次亜塩素酸、次亜塩素酸ナトリウムを含みます(純水を電気分解すると、水酸化物イオン、水素ガス、酸素、水素イオンのみが生成されます)。

水に電気を流すと水素と酸素が発生することはよく知られています。水を電気分解すると、陰極では還元反応が進むことで水素が発生し、アルカリイオン水が生成されます。一方、陽極では酸素が発生し、酸性イオン水が生成されます。つまり、水を電気分解して生成されるこのアルカリイオン水と酸性イオン水が電解水です。
特定の条件下では、電気分解後に生成された酸性電解水が殺菌に使用されます。電気分解の原理に従って電極で生成された酸素は、低 pH (例: pH < 2.7) で塩素化と結合し、次亜塩素酸イオンまたは亜塩素酸イオンの水溶液を生成します。
また、アルカリ電解水には「酸性を中和する」働きがあると謳う広告もありますが、実際には電気分解で生成されたアルカリ水は、胃に到達すると強酸性の胃酸によって酸に変化します。


何を探していますか?

メーリングリストに参加する

お得な情報、クーポン、最新情報、そしてすべての Tokui Perks を受け取るには、以下にメールアドレスを入力してください。

カート